業務のご案内|株式会社川上は墓地・墓石・霊園の企画、設計、施工までトータルにプロデュース

 

 







 

 

業務のご案内

  • HOME
  • 業務のご案内

お墓のお引っ越し

お墓が遠距離のため交通が不便だったり、複数の箇所にお墓を持っていて管理が大変だったり・・・そんなときは、お墓参りを身近に気持ちよく供養ができるような場所へ、新しく墓地をもうけ墓石を立てることをお勧めいたします。

お引越しの流れ

  1. 古いお墓のあるお寺様にお願いしてお魂ぬきの法要を行います。
  2. 無縁となったお墓は、しかるべき形で処分します。
  3. ご遺骨を掘り出します。(それぞれのご遺骨を全て集めると、新しいお墓に納めきれない場合もありますので少しずつ集めてまとめてもかまいません)
  4. 整理するにあたって、お寺や自家の過去帳などと照らし合わせ、親戚の方へ聞くなどし、そのお墓が誰を埋葬したものなのかを確認してください。(これを怠るとのちのちトラブルのもととなるケースがありますのでご注意ください)
  5. 整理が済んだら、新しいお墓で開眼法要を営んでご遺骨を埋葬します。

お引越しに伴う手続き

埋葬されているお骨を移すときに「改装許可書」を発行いたします。
改葬許可申請書に、現在のお骨を保管しえいる墓地管理者(寺院など)の印をもらい、受入証明書または永代使用承諾証(許可証)と印鑑をもって、お骨の所在地へ行けば発行されます。

お墓の改葬(地震対策)・リフォーム

お墓が古くなってそろそろ立て直ししたい、天災に備えた対策を考えたい、などのご要望にお応えいたします。

耐震墓石

予期せぬ災難を未然に防ぐために「石材用接着剤」が近年開発されました。これらは地震の際、棹石がズレ落ちることを最小限に抑え、墓石の破壊を防いでくれます。実際に耐震実験の結果では、関東大震災級の地震にも耐えられる性能を示しており、非常に信頼性が高いです。

株式会社川上の耐震墓石

リフォーム

昔は加工機械が発達していなかったため、手で加工できる石として、比較的柔らかい安山石(小松石)など・凝灰岩(大谷石など)が主流でした。そのため、柔らかく水を含みやすい大谷石が風化して崩れやすくなり、新規に外柵(お墓周りの石)を作り替えられる方が最近増えております。

加工技術が進んだ今日、お墓に使用される石の大半が石材の中でも最も硬く、風化に強く、磨くと光沢の美しい花崗岩(みかげ石)となり、リフォームをされた方々には大変喜ばれております。

また、お墓の継承に伴って、お石塔の刻字の変更・建て直しをされる方々も大変多くなっておりますので、ご検討の際には、お気軽にご相談ください。

株式会社川上のお墓のリフォーム

お墓のクリーニング・点検

お墓のお手入れが行き届かない、お墓参りができないという方に代わって、ご供養のお気持ちを丹精込めて承ります。

お墓を維持するということは年月が経過するほど、墓所内の掃除や植木の刈込みに多くの時間を費やし、お墓参りされる方への負担が増えていくばかりです。そこで当社では少しでもそのお手伝いができればと思っております。

点検

クリーニング「年間掃除サービス」

  1. 3月、8月、9月の計3回実施します。
  2. 花、お水、お線香のお供えを致します。
  3. 敷地内のゴミ等は当社にて処分いたします。
  4. 鳥のフンや枯葉、雑草など墓石まわりのお掃除。

クリーニング「臨時掃除サービス」(1回のみ)

  1. 花、お水、お線香のお供えを致します。
  2. 敷地内のゴミ等は当社にて処分いたします。
  3. 鳥のフンや枯葉、雑草など墓石まわりのお掃除。

※随時受付しております。
※料金、サービスなどの詳しい内容についてお気軽にお問い合わせください。

初めてのお墓

いざお墓が必要になったとき、いったい何からはじめればいいの?手続きや費用は誰に相談すればいいの?ご安心ください。納得いくお墓選びから建立後のケアまで仏事に関することすべて全力サポートします。

お墓に関する質問や疑問などは「Q&A・まめ知識」も合わせてご参考ください。

いつお墓を建てればいいのか

特別な決まりごとはありません。大切なのは供養の心です。生前にお墓を建てること(寿陵)は仏事で、『逆修』と言いまして、大変功徳の高い善行とされています。思い立ったが吉日で良いと思われます。一般的には、49日、百か日、月忌、1周忌などの法要を営む場合に合わせる事が多いようです。

お墓を建てるまでのおおまかな流れ

  1. 墓地(霊園)を探す
    • 公営霊園・民営霊園・寺院墓地石材店を探す。
    • 霊園によっては指定された石材店を利用しなければならないところがあります。墓地の購入申し込み。
    • 埋火葬証明書、申請書、住民票、印鑑が必要 使用申請。
    • 墓地の使用許可申請を出し、使用承諾証の交付を受ける 墓石選び。
    • 形、色、文字、書体など検討する 埋葬手続き。
    • 埋火葬許可書、使用承諾書を提出。
  2. 開眼(かいげん)法要
    • 納骨法要と合わせて行います。お経をあげお魂をいれてもらう。

霊園と墓石は別々にご契約されることもできますが、石材店から霊園を紹介し、契約の手続代行まで実施するケースもございます。当社では手続代行業務も承ります。

費用について

墓地の場合、地域差あるいは寺基地、霊園によって大きく異なり一概には申し上げられません。また、墓石に関しても、石種や型、大きさによっても様々です。民営霊園の場合、平均300万円を目安にするといいでしょう。

「お墓をたてるための費用の内訳 = 大きさ + 永代使用料 + 墓石工事代」

※「永代使用料」とはお墓と建てるときに土地を永代に渡って使用する権利料として支払う。

手続きの代行

はじめての霊園、お墓を移転するとき、手続きって必要なの?めんどくさい手続き、書類作成など、専門家におまかせください。

手続きの種類

埋葬するとき
墓地の使用承諾書と印鑑を添えて、墓地の管理事務所へ「埋葬許可書」を必ず提出しなければなりません。
改葬するとき
現在の墓地や納骨堂が所在する市町村の許可が必要となります。市町村の役所などで「改葬許可申請書」に必要事項を記入し、現在遺骨を納めている墓地や納骨堂の管理者から、現在埋葬している旨の証明を受けて申請してください。
分骨するとき
従来のお墓の管理者から「分骨証明書」を発行してもらい、そのお墓からご遺骨の一部を新しい骨壷に移し変え、新しいお墓 の管理者に「分骨証明書」を提出する。
お墓を買うとき
永代使用承諾証
墓石をたてるためのローン
墓石・外棚・工事費・永代使用料をお支払いするためにまとまった資金をローンに替えられます。「建墓ローン

※詳しい内容についてはお気軽にご相談ください。